• 地域医療・在宅診療のスペシャリストをのびのびと学び目指す
  • 「それは専門外です」とは言えないからこそ、学ぶ環境も後押しします
  • 学外研修を中心とした充実のカリキュラム
  • 医療村ではなく社会の中の医療の役割を考えていく

お知らせ もっと見る

研修プログラム

カリキュラム

後期研修プログラム

総合医療専門医研修コース


1年目:内科         (6ヶ月)      大学附属病院または関連研修施設

    小児科                  (3ヶ月)      大学附属病院または関連研修施設

    救急科                  (3ヶ月)      大学附属病院または関連研修施設

2年目:領域別研修    (6ヶ月)      大学附属病院または関連研修施設

    総合診療研修Ⅰ (6ヶ月)       関連研修施設または診療所

3年目:総合診療研修Ⅱ (6ヶ月)       関連研修施設

    総合診療研修Ⅱ (6ヶ月)       関連研修施設


 

※1年目 必須領域別研修(12か月) 内科・小児科・救急科の研修を行い、病棟管理、外来管理、全身管理の基本的スキル・態度等を修得する

  内科:神奈川県立足柄上病院、藤沢湘南台病院、済生会横浜市南部病院、保土ヶ谷中央病院、三浦市立病院、   

     国際親善病院、長津田厚生病院


  小児科:済生会横浜市南部病院、藤沢市民病院、小田原市立病院 、横須賀共済病院


  救急科:横浜市立大学附属病院、神奈川県立足柄上病院、藤沢湘南台病院、済生会横浜市南部病院、

      国際親善病院

 

※総合診療研修Ⅰ(6か月) 診療所または中小病院などにおいて臓器に特化しない総合診療科で研修

  三浦市立病院、済生会若草病院、ねもと総合内科クリニック

 

※総合診療研修Ⅱ(12か月) 病院における臓器に特化しない総合診療科で研修

  神奈川県立足柄上病院、藤沢湘南台病院、横浜保土ヶ谷中央病院、済生会横浜市南部病院、三浦市立病院、国際親善病院、長津田厚生病院


※領域別研修(6か月) 一般外科、産婦人科、精神科又は心療内科、救急医学、整形外科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、臨床検査・生理検査等から自由に選択する。

  主に横浜市立大学附属病院(相談に応じる)

 

その他、すでに他の領域の専門医取得者の短期総合医療研修・地域医療研修は相談に応じます

 

 

 

 

具体的な研修プログラム例

/

4

5

6

7

8

9

10

11

12

1

2

3

1年目

内科

小児科

救急科

済生会横浜市南部病院

横浜市大

2年目

循環器内科

整形外科

精神科

総合診療専門研修Ⅱ

横浜市大

神奈川県立足柄上病院

3年目

総合診療専門研修Ⅰ

総合診療専門研修Ⅰ

総合診療専門研修Ⅱ

若草病院

三浦市立病院

横浜保土ヶ谷中央病院

 

当プログラムのポリシー


当プログラムは、2017年からはじまる新専門医制度で新設される「総合診療専門医」養成を目的としたプログラムです。「総合診療専門医」創設にあたり、総合診療専門医は、従来の領域別専門医が「深さ」が特徴であるのに対し、「扱う問題の広さと多様性」が特徴であると定義されました。

さらに、総合診療専門医は日常的に頻度の高い疾病や傷害に対応できることに加えて、地域によって異なる医療ニーズに的確に対応できる「地域を診る医師」の視点が重要で、地域のニーズを基盤として、多職種と連携、包括的且つ多様な医療サービス(在宅医療、緩和ケア、高齢者ケアなど)を柔軟に提供し、地域における予防医療・健康増進活動などを通して地域全体の健康向上に貢献できることが必要であると明示されました。

 

 こうした背景を鑑み、当後期研修プログラムは、地域医療の最前線である学外研修を主体とするところが最大の特徴です。「広く、多様な問題」を扱うためには、単にジェネラルマインドを有するのみでは太刀打ちできず、サブスペシャリティの片手間に気持ちだけこめてやればよいという程、簡単なものではないのです。サブスペシャリティの切り口とは全く異なる生物的、心理的、社会的側面からの包括的な切り口で問題解決にあたる能力が求められるため、高度な臨床診断推論能力、状況に応じた適切なマネージメント能力、基本的な全身管理能力の涵養が必要です。以上を踏まえ、一般内科研修と横断的診断学を加えた総合診療科研修を行います。当総合診療科後期研修プログラムは、なんでもかんでも「共感」ですます「いいヒト」を作るプログラムではありません。「医師」として当然行うべき「見立て」とそれに基づいた「解決策の提示」が適切にできるようになることが最終目標です。そのために多職種連携、病診連携、病病連携も学んでいきます。

 

当プログラムのこだわりとして、横断的診断学研鑽のための症候学レクチャー、病歴に基づく臨床推論法、診断のためのfocussed physical examinationレクチャー、global standardcommon disease reviewmajor雑誌の抄読会、臨床推論力育成のための症例検討会を定期的に実施します。こうして得た知識、技術を日々の臨床に生かすべく、繰り返し朝の全体カンファレンス、チームカンファレンスで確認していきます。こうしたたゆまぬ努力により病める人の健康問題を解決する方法を身につけていきます。基本に忠実に学びを続けていけば、やがてはcommon diseaeのみならず、各専門領域の間で埋もれてしまった難病の診断をも可能となり、診断困難症例に対する臨床診断医としても多くの人々に福音をもたらすことができるのです。

社会人として、そしてプロフェッショナルである医師として、患者、患者家族に誠意をもって対応ができるよう、模擬患者を用いての病状説明研修を実施しているのも当プログラムの特徴です。

また、日常で生じる疑問を定式化し、臨床研究をデザインする方法論も学んでいきます。研究を指向する能力。これも将来の総合診療指導医には必要な能力です。

私たちの科に「これはうちじゃない。」という言葉は通用しません。たとえ、それが、専門性の高い領域に関わる健康問題であるにせよ、まず、患者の訴える言葉に耳に傾け、最も適切な道筋を示すことができること。これが、総合診療医の専門性と考えます。是非、われわれとともに、この厳しい少子高齢化社会に真に必要とされる医療人を目指しましょう。私たち指導医はそのための努力を惜しみません。