• 地域医療・在宅診療のスペシャリストをのびのびと学び目指す
  • 「それは専門外です」とは言えないからこそ、学ぶ環境も後押しします
  • 学外研修を中心とした充実のカリキュラム
  • 医療村ではなく社会の中の医療の役割を考えていく

お知らせ もっと見る

横浜市立大学

平成26年度業績



 論文:(原著論文)See comment in PubMed Commons below

Kusakabe A, Nonaka T, Sekino Y, Iida H, Endo H, Koide T, Takahashi H, Fujita K, Yoneda M, Goto A, Gotoh E, Maeda S, Nakajima A, Nosaka C, Inamori M.Effects of ramosetron oral disintegrating tablets on gastric emptying: crossover study using the 13C-acetic acid breath test. Hepatogastroenterology.;61(133):1279-82. 2014 Jul-Aug



②日下部明彦、平野 和恵、池永 恵子、齊藤 直裕、蜜柑富貴子、沖田 将人、稲森 正彦、白土 明美、森田 達也 

地域の多職種で作る「死亡診断時の医師の立ち居振る舞いについてのマニュアル」癌と化学療法:41巻 supplementⅠ 201412

 

 

③沖田将人、日下部明彦、秋葉涼子、八木宏章、田村陽一 高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドラインに沿って胃瘻からの栄養補給法の中止を検討した一例 日本老年医学会雑誌 516号 Page560-563 201411


 

 

学会等報告

山田 貴允、山本 裕司 胃癌・大腸癌手術の周術期管理の現状-アンケート報告

  第43回神奈川県消化器外科研究会 横浜 2014年6月 

 

②吉江浩一郎 神奈川県立足柄上病院総合診療科の現状と取り組みについて

  全国医師会勤務医部会連絡協議会 シンポジウム 横浜 2014年10月 



③玉井拙夫、笠原彰夫、太田光泰、吉江浩一郎、清水智明、加藤佳央、山本裕司

  足柄上地域における地域医療連携の現状と将来-在宅医療の推進に向けて 

  第33回神奈川県病院学会 2014年10月

 

 

④日下部 明彦、佐藤将之、秋葉涼子、佐藤順子、沖田将人、八木宏章、桑原英幸、田村陽一、内門大丈、馬渡弘典、稲森正彦『認知症』を理由にがん未告知で在宅医療に紹介された症例の検討 神戸 第19回日本緩和医療学会学術大会 20146

 

⑤日下部 明彦、平野 和恵、池永 恵子、齊藤 直裕、蜜柑 富貴子、稲森 正彦、白土 明美、森田 達也 

  地域の多職種で作る『死亡診断時の医師の立ち居振る舞いについてのマニュアル』

  第25回日本在宅医療学会学術集会 ワークショップ 倉敷 20145

 

⑥日下部明彦 病院⇔在宅医療のシームを考える シンポジウム 松山 第8回緩和医療薬学会 201410





その他 


報告書 日下部明彦 2013年度前期 一般公募 勇美記念財団「在宅医療への助成」報告書 

「地域でつくった死亡診断時の医師の立ち居振る舞いについてのマニュアル作成」 20149


地域の多職種で作った死亡診断時の医師の立ち居振る舞いについてのガイドブック(完全版)


地域の多職種で作った死亡診断時の医師の立ち居振る舞いについてのガイドブック(パンフレット版)