• 地域医療・在宅診療のスペシャリストをのびのびと学び目指す
  • 「それは専門外です」とは言えないからこそ、学ぶ環境も後押しします
  • 学外研修を中心とした充実のカリキュラム
  • 医療村ではなく社会の中の医療の役割を考えていく

お知らせ もっと見る

Q&A

Q:レジデントやスタッフは何人いますか?

A:当教室は平成26年4月に発足しました。総合医療医養成カリキュラムは平成27年度から開始されました。

  今年度は研修協力医療機関である県立足柄上病院に在籍する後期レジデントが3人います。

    大学、研修協力医療機関を併せて、12人のスタッフが在籍しています。

 

Q:スタッフの出身大学の構成はどのようになっていますか?

A:横浜市立大学が多いですが、富山医科薬科大学、新潟大学、自治医大、産業医大、帝京大学の卒業生が在籍

  しています。横浜市大はいずれの教室も全国各地の大学卒業生の入局者が多い傾向にあります。

 

Q:大学付属病院で3年間通して後期研修をしたいのですが可能でしょうか?

A:  現行のプログラムでは不可能です。総合診療専門研修(18か月間)は研修協力病院での研修になります。

    領域別研修(内科、小児科、救急科、その他)は大学病院での研修も可能です。

 

Q:後期研修後の進路はどうなりますか?

A:後期研修後にスタッフとなった医師は、横浜市立大学附属病院、県立足柄上病院、保土ヶ谷中央病院、

  三浦市立病院、藤沢湘南台病院等に勤務することができます。個人の希望に沿って、

  学べる環境が提供できるように検討致します。

 

Q:後期研修後、大学院へ進めますか?

A:現在、準備中です。

 

Q:総合診療医のコースに所属しながら、サブスペシャリティの資格を取ることはできますか?

A:3年間の研修の中での獲得はできません。後期研修期間の中で経験した症例をサブスペシャリティ資格の申請

   に加えることはできます。(個々の学会の申請基準に照らし合わせる必要があります)

 

Q:後期研修レジデントの給料はどの位になりますか?

A:各研修施設の規定によります。

 

Q:後期研修レジデントは健康保険や福利厚生の面で、一般の職員と差がありますか?

A:ありません。各施設の常勤と同じ待遇になります。